市民後見啓発講演会に参加しました

益田市総合福祉センターにて開催された市民後見啓発講演会に参加しました。休日にもかかわらず、福祉・法律関係者以外にも、一般市民の方々がたくさん出席されており、市民による後見人活動への関心の高さが伺われました。

講師としてお越し頂いた北九州市社会福祉協議会 権利擁護・市民後見センター「らいと」では研修を修了した市民後見人の方々が多数活躍しておられ、そのお一人から日頃の活動について詳しく伺うことができました。

お話しのテーマのひとつに「独り暮らしで生活が破綻しかけている本人をいかに支えていくか」がありました。このような場面において、後見人には本人の意思を最大限尊重しつつも、一方では身の安全を確保する配慮が求められます。支援の過程で、意思のある本人と客観的な状況から現実を見極めようとする後見人との間に、判断や意見のズレが生じる状況も起こり得ます。一人ひとり、直面する問題ごとに求められる対応には慎重な判断が求められ、後見人活動は悩みと迷いの連続です。

金銭問題や生活環境、医療・介護の問題など、専門的な視点から解決策を提案・実行すべき場面もある一方で、いかに本人に勇気や心の平穏をもたらすような関りができるのか、豊かな見方や人生経験に基づいた市民後見人の方々の活動に学ぶべきことはたくさんあると実感しました。十分に時間をかけて本人の話を聞き、意向に寄り添った細やかな支援を実践される市民後見人の方々と協働ように努めたいと思います

 

 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です